たまゆら草紙

アクセスカウンタ

zoom RSS お兼の下駄?

<<   作成日時 : 2009/12/31 16:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

「お兼が 噂さ〜高足駄〜♪」
とお兼の唄に出てくる高足駄(2枚下駄の歯の
部分が通常よりやや高くなった雨天用のもの)
ではありません。
この暮れに、新調した普通の日和下駄(駒下駄)です。

いよいよ、今日は大晦日。

これも、新年に向けての準備の一つ?
(昔の人は、新しい年を迎えるために履物を新調したとか)

これまで私は、着物を着るときは、ほとんど
草履ばかりはいていましたが、
来年の5月の舞台で踊る「お兼」は素足に下駄
ということで、新年からそれに向けて
着物のときは、できるだけ下駄履きをしようと
先日、同門のくみちゃんに教えてもらった
浅草の履物の専門店「長谷川商店」で、
この下駄を買い求めました!

下駄の台と鼻緒を選び、その場で職人さんが、
私の足にあうように鼻緒をトンカントンカンと
とりつけてくれます。
自分用の鼻緒を取り付けてもらうというのは、
オーダーメイドという感じでわくわくしてきます。
お店もこじんまりとした庶民的な感じの構えで、
迎えてくださった店員さんや職人さんも昔ながらの
雰囲気です。
その鼻緒をとりつける音を聞きながら、
下駄が出来上がるのを待っているのは、
江戸時代とまでいかなくても、ちょっと
昔の明治あたりの日本にいるような感覚が
味わえます。

その上、浅草は、銀座と違って職人さんのいる専門店の
下駄でも、お値段も、お手ごろなのもうれしい。
(夏の浴衣の時期に、デパートでなく、そこらへんの
商店街みたいなところで売ってるものと値段的に
ほとんどかわりません。)

「来年は、元気で快活な足さばきでお兼が
元気よく踊れるよう、着物のときは下駄だ!」
「寅年でなく下駄年だ?!」

と出来上がった新しい下駄を前に
新年に向けての決意を
新たにしている大晦日の私です。(^―^)

皆様もよいお年を♪

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お兼の下駄? たまゆら草紙/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる