たまゆら草紙

アクセスカウンタ

zoom RSS お兼のお稽古

<<   作成日時 : 2010/03/21 23:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

学校の学期末のあわただしさや、
スキー(正確にはスノーボード)合宿の引率やらで
ほんとに余裕がなく、心身ともにあっぷあっぷしていましたが、
何とか1週間の春休みに突入。
ほっとしています。

5月の国立での本舞台も迫ってきて、
お稽古もそろそろ佳境。
アップアップで、ここのところほんとに
余裕がなくて、ブログにはお稽古のことも
書いてませんが、
お稽古にはいっていますし、
課題もてんこ盛りです。(^^;)

少しづつ、その「課題てんこ盛り」ぶりを
書きたいと思っていますが・・・

まず「お兼」で初めてのことがいくつかあります。

・女の踊りながら、裾引きのない威勢のいい男勝りの役柄
(でもあくまで女として踊る)
・足袋をはかず、素足で踊る。(これが慣れないと難しい)
・下駄をはいて踊る部分がある。(こわ〜い)
・最後には下駄をはいたまま、約3メートルの晒を振り回して踊る。
(しんどい)
・からみのお兄さん2人と踊る部分がある。(勝手に一人で踊ってはだめ)

等々、踊りこなす前に、いくつもの難関が。
そして、この踊りのお稽古は、
からみにかわりになっていただいたり、
晒をとっていただいたり、たすきがけをしてもらったりと
他の演目以上に、多くの方々に毎回お世話になるものだと
いうことがわkりました。
毎回、またまた絢也さんが、からみのお兄さんになって
お相手をしてくださったり、他の皆さんにも小道具の
お世話をいただいたりと、お兼という演目は、周りの
方々の支えなくしてお稽古できない演目だと
実感する日々です。

大きな課題や、なが〜い晒の話は、また後日にして、
すいぶん前に書いた
「お兼のお墓参りと近江八景の地を訪ねる旅」
(勝手に命名^^;)
ついに実行します!
といっても、一泊ですが、明日から出かけます。

「お兼」や「藤娘」縁の地に行くと思うと
心がはずみます。

たくさんのパワーをもらって、お稽古もがんばれるかも
しれないと思ったりもしています。

お天気は、あまりよさそうでありませんが、
数年ぶりに、純粋な自分の旅に出るので、
楽しみです

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お兼のお稽古 たまゆら草紙/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる