たまゆら草紙

アクセスカウンタ

zoom RSS 明けましておめでとうございます!

<<   作成日時 : 2011/01/10 22:33   >>

トラックバック 0 / コメント 4

兎の年がやってきました!

今年が年明け早々に、踊りの新年会の「踊り初め」とは
別に、書の新年会で、日本舞踊をちょこっと「舞をひとさし」という
感じで、ご披露することになっていましたので、
暮れから新年にかけて、緊張感を保って過ごした感じでした。
(元旦から自主稽古という珍しいこともしました^^;)

それも週末に無事終わり、
ご覧になった方々も喜んで下さったようで、
ほっとしましたし、お引き受けしてよかったとも思いました。

実のところ、お引き受けしたものの、
踊りの舞台という全てが踊り手のために整えられているところと
全く違う、ホテルの大広間のようなところで、すぐ目の前にいらっしゃる
大勢の方々にどれほどの踊りがお見せできるのか
という不安や、何よりも私の踊りによって
「なんだ。日本舞踊てつまらない。」といった
日本舞踊そのものによくないイメージを
持たれるようなことがあってはならない、しっかりと踊らないとという
思いとを抱えつつ
お稽古に取り組む日々だったのです。

演目は、お正月らしく華やかにということで、
「鏡獅子」前段の、小姓「弥生」が、鏡開きの日に、
江戸城の奥の間で踊りを披露する下りの一部。

楽屋も、舞台も無い状況で、素の自分から離れて踊りに
集中することの難しさを実感しつつ、
ひたすら、奥女中として仕える弥生であることと、
師匠からご指摘されたことを、反芻しながら踊りました。

未熟な私の踊りですが、普段日本舞踊にあまり
触れたことの無いたくさんの方々が、舞踊というものを楽しんで
いただける機会になっていたら、嬉しく感じます。


私自身、踊りの会の舞台でないところで初めて
踊って、踊りの会のためにたくさんの方々が
お世話し、踊るために整えて下さっていることに改めて
感謝しましたし、そうではない環境で踊ることで良い勉強にもなりました。

それに、ああした広間によくある金屏風の代わりに掲げてある、
書家金敷先生の迫力のある巨大な作品を背景に
踊るなどめったにできないことを新年に経験させていただき、
何だか縁起の良い年になりそうです。

これからは、八月の浴衣会に向けて「(旧)浦島」のお稽古です。
二枚扇子で踊るという難所があり、フィギャースケートの
三回転半とか、トリプルアクセルといった
連続ジャンプに取り組む思いに近いかも・・・(笑)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
御無沙汰致しております。今年もまた、喜也様の素敵な文章を拝見出来るかと思うと楽しみです。
舞台嫌いのワタクシからは想像もつきませんが、大勢の日舞が初めて?という方達の前で踊られたのですね!!
凄いなっていう感嘆の声しか出ません・・。
次回の舞台は、浦島ですか?お扇子を頑張ってくださいませ!!今年も宜しくお願い致します。
星子
2011/01/25 11:49
星子さま
忙しさにまぎれて、コメントの返信をせずそのまま
で、申し訳ありません。本日雪のおかげで休息日となりました。^^
その後の私のお稽古は今回のブログの通りで、ガッツリしごかれて?います。
yukiemi
2011/02/11 22:49
駸房先生のブログから飛んできました。
新年会に参加させていただいた者です。
お正月らしい華やいだ踊りをありがとうございました。
きちんと整っていない舞台で集中されるのは、
たいへんだったと思います。
しかし、巨大な文字との調和は
たいへん興味深かったです。か.
か.
2011/02/22 17:14
思いがけないところからお越しいただいたのですね。ご丁寧にありがとうございます。まだまだ未熟者ですが、ああいう場で踊ることは、いろんな意味で勉強になり、貴重な経験をさせていただきました。よろしかったら時々ブログにお越し下さい。
yukiemi
2011/02/22 19:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
明けましておめでとうございます! たまゆら草紙/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる