たまゆら草紙

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏の果て

<<   作成日時 : 2011/08/28 22:55   >>

トラックバック 0 / コメント 1

今住んでいる所に越して来て、2度目の夏。
東京湾の花火大会は、私の部屋から見えることは
昨年気づきましたが、今年はそれが中止だったので、
花火はお預けの夏だと思っていたのですが、
夕飯を食べようとしているときに、
大きな音がして、何やら空が明るくなったようなと
思ってみたら、花火です
隅田川の花火大会
私の部屋のベランダから見えるではありませんか

昨年は出かけていて帰りが遅かったためか、
私の部屋のベランダから見えるとは知らなかったのです。
何と私の部屋からは、二つの花火大会が楽しめる(^―^)
(得した気分)

もちろん低めのものは見えませんが、
ある程度の高さのものは、ちょうどビルの間から見えます。
遠花火なので、ほんとに夜空に花が咲いたようにパーッと
色が広がります。
花火で夜空が明るくなるたびに、花火のそばの空に
そびえたつスカイツリーがパッと姿を明らかにしてくれます。
それに、ちょうど私の住んでるマンションの前は隅田川につながる
小さな川が流れているので、
水面が揺れているのを目の前に花火を見ていると
何となく花火大会があっている浅草の隅田川の川辺で見ている
雰囲気も味わえます。
近くで見るようなダイナミックさ、華やかさはありませんが、
人ごみに煩わされず、ベランダに椅子を持ってきて、
テレビから流れてくる花火大会の実況中継を聞きながら
ゆったり静かに花火を眺めているのは、
ある意味、ちょっとした贅沢です。
今年は、特にパーッと広がるだけでなく、打ちあがって広がった後、
それが宝石のようにキラキラと輝いた後に消えていくというものが
印象的でした。
自粛という言葉の下、いくつかの花火大会が中止されましたが、
テレビの実況中継でも言われていたように、
闇の中に一瞬にパッと輝く花火を見ていると、感動するし
何だか気持ちも明るくなってきます。
手塩にかけられた美しいものはやはり、人々にエネルギーを
あたえてくれるものとして、必要なのではないかと思います。

今夜は、夜風も涼しく、時折聞こえてくる風鈴の音と、
静かに鳴く虫の音が、夏の終わりと秋の到来を感じさせてくれます。
浴衣会が終わると、私の中では夏も終わりだなと感じるのですが、
今年はこの花火で、夏の最後のセレモニーという感じがします。
来年は、もっとしっかりとこのセレモニーを楽しむため準備を
しておこうとちょっと楽しみです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
なんと!
隅田川もですか!!
うーん、うらやましい限りです。

ちょうど花火が終わった頃に帰宅して、
うちの玄関先から見えるスカイツリーに目をやると、
花火後の煙に包まれておりました。
2階の我が家はそれが限界です(笑)
ちえ
2011/09/01 22:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏の果て たまゆら草紙/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる