アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「お稽古便り」のブログ記事

みんなの「お稽古便り」ブログ

タイトル 日 時
「櫓のお七」舞台写真
「櫓のお七」舞台写真 舞台写真がだいぶ前に届いておりましたが、 今日やっとコンピューターに取り入れましたので 掲載しておきます。  最後の櫓に登って首を振ったところ。最もこの演目らしい場面            何度も見た浮世絵のお七の構図と同じなのが嬉しい(^^)  人形振りスタート。始めのお衣装は「黄八丈」。 ♪飛んで行きたい 知らせたい〜♪のところ  引き抜きの後のお衣装「段鹿の子」  後見さんに持ち上げてもらってお首を振ったところ。               何度も後見さんに持ち上げてもら... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/22 17:24
お礼参りと踊りの原点
お礼参りと踊りの原点 ということで、(前回に続く) 白山にあるお七のお墓圓乗寺に お礼参りに行ってきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/04 22:08
国立劇場「藤曄会」無事終了
国立劇場「藤曄会」無事終了 国立劇場にお越しいただいた皆様ありがとうございました。 今回、舞台前、ほんとに公私ともども いろんなことがあって、舞台に無事立てるかどうか と心配で、お七のお墓のある円乗寺で買った「肌守り」に 何度も「どうか無事に舞台に立てますよう」と お願いしていました。その甲斐あってか お七と踊りの神様に守られ、無事お七を 演じきることができ、ほっとし、感謝しています。 同時に、これまでずっと一緒だったお七と別れるのは 寂しい気もしています。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2013/05/03 20:58
パンツのゴム?と巻手紙
パンツのゴム?と巻手紙 つぼ合わせが終わり、人形遣いの後見さんに 初めてお相手していただき、 実際に持ち上げられたり、 振り回されたりということを経験しました。 課題はまだいろいろありますが、 (「人形になるんでなくて、人形振りなんだよ」と 先生に何度も言われます。) ともかくどう身体が扱われるのかということが 流れとしてわかることができました。 (それまではこういうふうになるのかな と想定で動いていたので) 本番まであと一回の下浚い(ドレスリハーサル) でしか人形遣いさんとはお稽古できません。... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/06 21:05
お七に恋?ーその2ー
お七に恋?ーその2ー お七に恋した私は、よりその人に近づきたいという次の行動 ゆかりの地―お墓のあるお寺―を訪ねるという行動に出ます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/04 22:18
ーお七に恋?ーその1
あけましておめでとございます。 今年は、4月28日国立劇場で「藤曄会」が 開催される年です。久しぶりの本舞台に 一段とお稽古場が熱くなっております。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/03 22:30
二人三番叟
二人三番叟 9月9日の達喜会(浴衣会)。 「二人三番叟」をお相手の絢也さんと いっしょに無事終えることができました。 踊りの課題はてんこ盛りであることは ちょっと棚にあげておいて 男性でもしんどいといわれるこの演目を 観に来た方に「最後まで勢いが落ちることなく 元気一杯で、面白い舞台だった」 と言っていただけてほっとしています。   楽屋で絢也さんと ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/09/24 23:50
たいへんだーていへんだ〜!
例年だと、国立劇場で本舞台のある年ですが、 震災の後、劇場の状況もこれまでと変わって しまったようで、いつもの時期に劇場がとれず お流れ(来年の4月28日)になってしまいました。 となると、今年は達喜会(素踊りの浴衣会)も 本舞台もなにもない年という我ら門弟にとって 初めてのさみしい年になってしまいます。 そこで、急遽、達也先生が、「いつもの浴衣会よりもずっと ささやかなものをとりあえずやりましょう」という ご提案をされ、初めての地方でないテープ伴奏という 浴衣会が今年の9月... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/05/07 00:42
気持ちよく
またまた忙しさに追われて、何も書きとどめないうちに 2月も終わろうとしています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/27 22:21
無事終了
無事終了 今回の流派の浴衣・ 帯は、男の踊りなので後見結びに ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2011/08/16 19:47
本番直前
本番直前 いよいよ14日(日曜)の達喜会(浴衣会)本番が迫ってきました! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/12 14:48
下浚いを終えて
二枚扇子をちゃんと扱えるようにという 思いが高じすぎて、いつのまにか 二枚扇子を失敗したら、踊りを覚えていないぐらい 恥ずかしいことで、それでは舞台で浦島を踊る資格 はない、お稽古したことが全てが無駄になるのだと 勝手に思い込み、追い込まれていたようです。 二枚扇子の扱いは、やや フィギャースケートの3回転ジャンプにも似ていて 確率100パーセントで完璧に ということは不可能なことだと頭でわかっていても、 私がこれまでビデオで見た「浦島」を踊っている舞踊家さんは全て ミス無... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2011/08/04 21:19
これも準備?
これも準備? お菓子がどっさり!! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/31 18:39
浦島のお扇子
浦島のお扇子 今お稽古している演目「浦島(旧)」 (これがこの夏の浴衣会の演目になりますが) 両手にお扇子を持って踊る「二枚扇子」の扱いが あり、ある意味、踊り手泣かせの演目ともいえます。 この演目に決まったとき、お稽古場でこの演目を お稽古した経験のあるN君から 「え〜信じられない!あんなものを人様の前でやるなんて。 そんな大それた恐ろしいこと僕には考えられない〜!」 と皮肉まじりの冗談でかなりのオーバーリアクショントされたことを 覚えています。(^^;) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/05 12:05
弥生さんから浦島へ
東京にしてはめずらしく、終日(ひねもす)雪降る日となりました。 立春を過ぎた春の雪。別名、名残雪、忘れ雪とも。 昔の日本人は、季節に応じて、美しくも優しい銘々をしたものです。 祭日で、しかも雪。部屋で「お籠もり」を決め込み、 おかげで、久しぶりに休息日となり、ブログの更新をすることが できます。(^^) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/11 22:44
明けましておめでとうございます!
兎の年がやってきました! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/10 22:33
二枚扇子と眉間にしわ、そして師匠の笑顔
お稽古についての日記が、ややご無沙汰しております。 今年は、夏にお浚い会がないのと、師匠ご自身の舞台があったりで、 昨年の夏に比べると、お稽古はやや緩やかですが、 私達のお稽古は進行しております。(^^) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/06 15:25
藤曄会のスナップ
藤曄会のスナップ     遅くなりましたが、5月29日国立劇場における藤曄会     舞台写真のデーター処理もすみましたので、一部を掲載     します。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/04 14:49
ほんの少し舞台に関する写真
ほんの少し舞台に関する写真 舞台後、仕事の方でばたばたとしていて、 余裕ゼロだったため、ブログの更新は、 すっかりご無沙汰でした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/29 18:08
コテンパン!
舞台直前から、仕事と稽古の両方で全く余裕がなくなって、 ブログの更新もご無沙汰していましたが、お蔭様で藤曄会は無事 終了し、お兼を踊りきることができました。 脚を運んで下さった多くの皆様、本当にありがとうございました。 今は、長いことずっと一緒だった、 お兼さんと別れて寂しさも感じたりしています。 無事、舞台が務められたのも、お兼さんが、守ってくれていたのかも しれないと思います。 (舞台前、いろんなことで行き詰ると私は、心の中で 「お兼さん、どうか私をお守り下さい」と呪文のよ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/05 12:58
「止まって!」という呪文?
会が近づくと、お稽古も佳境に入ってきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/10 23:02
お兼に使う小道具
お兼に使う小道具 お兼に使う小道具を公開します! 写真ではそんなに長く見えないと思いますが、 約9尺(3メートル程)の長さの振り晒 と 雨下駄(歯が日和下駄より薄い二枚歯) 私を悩ませている、二つの小道具さんです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/09 22:44
「藤曄会」のお知らせ
「藤曄会」のお知らせ いよいよ舞台が、迫ってきて、 チラシとチケットが手元にとどきましたので とりあえず、会についてお知らせいたします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/02 21:23
お兼のふるさとーマキノ町ー
お兼のふるさとーマキノ町ー 伝説の「おかね」の故郷、マキノ町はすごいところでした! (私がこの地を訪れることになったいきさつはこちら http://yukiya08.at.webry.info/201001/article_3.html) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2010/03/29 22:16
春の近江と京
春の近江と京 私の今回の旅は、まず京都に到着し、            三条大橋の近くに宿泊することにしていたので、 荷物をそのホテルに預け、身軽になったところで スタート。 せっかく三条まできたので、 ついでに四条の丸山公園のあたりまで行き、 八坂神社の境内にある、芸能の神様大田社に 舞台が無事に務まりますようとお参り。 八坂神社を抜けて、丸山公園から長楽寺の方向に 向かって眺める景観は、私の大好きなスポットの 一つで、京都に来たということを実感する所で 京都に来たら、必ずここ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/28 20:10
日本橋のお兼?!
一泊二日の「お兼のお墓参りと近江八景の旅?」は、 なかなかの旅でした。(いろんな意味で^^;) その詳細は、後日にして、 その旅から帰ってきた翌日のお稽古・・・・ 撃沈でした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2010/03/27 21:28
お兼のお稽古
学校の学期末のあわただしさや、 スキー(正確にはスノーボード)合宿の引率やらで ほんとに余裕がなく、心身ともにあっぷあっぷしていましたが、 何とか1週間の春休みに突入。 ほっとしています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/21 23:56
二つ目の誕生日
体調がすぐれなかったり、いろいろあって ずいぶんブログの更新がご無沙汰でした。 遅くなってしまいましたが、書の展示会には、 たくさんの方々に足を運んでいただき、ありがとうございました。 この場を借りて、お礼を申し上げます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/05 17:02
踊り初め・そしてお稽古
踊り初め・そしてお稽古 先週、わがお稽古場の「踊り初め」が終了いたしました。                                      おとその係り担当中                                    うちのお稽古場の踊り初めは、 身内のお弟子さんだけで    お稽古場で行うものですが、年の始めに、 晴れ着を着たお弟子さん一人一人が みんなの前で、踊りを披露し、 今年1年の踊りに励む決意を 新たにするこの華やかな行事は、 1年の節目としてとても大切なものでもあ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/08 22:06
お兼の招きにあいて・・・
というわけで、(前回からの続き) 「近江のお兼縁の地」について、検索してみると・・・ ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2010/01/10 21:06
お兼の下駄?
お兼の下駄? 「お兼が 噂さ〜高足駄〜♪」 とお兼の唄に出てくる高足駄(2枚下駄の歯の 部分が通常よりやや高くなった雨天用のもの) ではありません。 この暮れに、新調した普通の日和下駄(駒下駄)です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/31 16:35
もし、監視カメラがあったら・・・・
仕事が、長期の休み(夏休み・冬休み)に入ると 平日しか行けない「あるところ」に、行きます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/24 22:59
伊達娘恋緋鹿子ー剣の山!ー
伊達娘恋緋鹿子ー剣の山!ー 見てきました! 「伊達娘恋緋鹿子梯子」通称「八百屋お七」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/08 22:25
プロの着物の扱い
昨日の歌舞伎舞踊「蜘蛛の拍子舞」。 華やかで迫力のある大がかりな歌舞伎舞踊。 そこで見た久々に見た玉三郎さんの踊り、 やはりすごいなと思った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/20 00:54
東都八景四季賑
東都八景四季賑  土曜日、東京文化発信プロジェクトの  主催している催しの一環である、  日本舞踊「東都八景四季賑」を  国立劇場で観て来ました。  現在、各流派で活躍されている  舞踊家さんのそろった豪華な舞台で、  江戸の名所と言われる所を  四季折々に合わせて踊り巡りをする  という楽しい趣向でした。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/22 19:41
育ての親・実の親
連獅子が舞台の日を迎えるまでの お稽古の裏話?を一つご紹介。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2009/09/07 21:07
花道は好きだけど
終わってしまった会について、ちょっと書き加えて おこうと思います。 踊りの自分自身のでき不出来はさておき、 今回は、花道が一つの難所ともいうべきものになりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/06 18:56
達喜会終了
達喜会終了 本番用の袴装着。 舞台へ出陣?前の楽屋で     ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/30 23:40
花道はつらい!
「仔獅子はね、花道で、座って待っているときが つらいんだよ。」 と師匠のおっしゃったとおりだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/28 14:12
手獅子と??
手獅子と?? 写真の左は、 連獅子のお稽古用の手獅子です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/24 23:40
下浚い
舞台前の最初で最後の地方さんといっしょに 合わせる、下浚い=いわゆるリハーサルが終わった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/23 13:10
達喜会のお知らせ
達喜会のお知らせ   師匠である藤間達也先生主催の   「浴衣温習会ー達喜会ー」が   近づいて参りました。   詳細は下記の通りです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/14 22:18
男仕立てに袴
男仕立てに袴 今回の浴衣会で、初めてのことがもう一つ。 それが 男仕立ての浴衣に、袴着用で踊ること! といっても、踊りの世界をご存じない方は ??という感じだと思いますので、ご説明します。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2009/08/13 23:13
断絶親子?!
今回、浴衣会でやる「連獅子」は、私にとって 初めてのことがある。 それは、演目が「組み物」であるということ。 つまり、一人立ちでなく、踊るお相手がいるとうこと。 今回の場合、私が、仔獅子なので、お相手は親獅子。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/11 23:26
塩の効能??
先日、自分の踊りのビデオを見て、 傷口に塩をぬったように、「しみて、痛い!」ということを 書きましたが、 痛い思いをし、一番できてないところの動きを そこだけでも少しは、直せるよう、 「目指せ漬物石!」を呪文のように心で唱え、 (昨日の記事をお読みになるとわかります) 自宅で浚い、昨日のお稽古に臨みました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2009/08/06 19:52
傷口に塩!
29日の浴衣会が近づいてきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/04 22:43

トップへ | みんなの「お稽古便り」ブログ

たまゆら草紙 お稽古便りのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる