「櫓のお七」舞台写真

舞台写真がだいぶ前に届いておりましたが、 今日やっとコンピューターに取り入れましたので 掲載しておきます。  最後の櫓に登って首を振ったところ。最もこの演目らしい場面            何度も見た浮世絵のお七の構図と同じなのが嬉しい(^^)  人形振りスタート。始めのお衣装は「黄八丈」。 ♪飛んで行きたい 知らせたい~♪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お礼参りと踊りの原点

ということで、(前回に続く) 白山にあるお七のお墓圓乗寺に お礼参りに行ってきました。 ここに来るのは三回目。 初めて来たのは、去年の冬の始め。 お七の振り入れがまだ終わっていないころでした。 二回目は舞台一ヶ月前のお七の命日3月29日。 そして今日が三回目。 閑静な住宅街にあるこじんまりとしたお寺ですが、 いつ来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立劇場「藤曄会」無事終了

国立劇場にお越しいただいた皆様ありがとうございました。 今回、舞台前、ほんとに公私ともども いろんなことがあって、舞台に無事立てるかどうか と心配で、お七のお墓のある円乗寺で買った「肌守り」に 何度も「どうか無事に舞台に立てますよう」と お願いしていました。その甲斐あってか お七と踊りの神様に守られ、無事お七を 演じきるこ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

パンツのゴム?と巻手紙

つぼ合わせが終わり、人形遣いの後見さんに 初めてお相手していただき、 実際に持ち上げられたり、 振り回されたりということを経験しました。 課題はまだいろいろありますが、 (「人形になるんでなくて、人形振りなんだよ」と 先生に何度も言われます。) ともかくどう身体が扱われるのかということが 流れとしてわかることができました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お七に恋?ーその2ー

お七に恋した私は、よりその人に近づきたいという次の行動 ゆかりの地―お墓のあるお寺―を訪ねるという行動に出ます。 お七のお墓のある文京区「圓乗寺(えんじょうじ)」は、 お七の檀家寺だったそうで、 お墓は、江戸時代の寛政年間、お七を演じて名を馳せた 歌舞伎役者四代目岩井半四郎が供養のために建立したものの ほかに、住職や近所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ーお七に恋?ーその1

あけましておめでとございます。 今年は、4月28日国立劇場で「藤曄会」が 開催される年です。久しぶりの本舞台に 一段とお稽古場が熱くなっております。 この舞台で、私は義太夫「櫓のお七」を 演じさせていただきます。 恋する男のために、罪人として処刑される ことを覚悟で偽りの出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二人三番叟

9月9日の達喜会(浴衣会)。 「二人三番叟」をお相手の絢也さんと いっしょに無事終えることができました。 踊りの課題はてんこ盛りであることは ちょっと棚にあげておいて 男性でもしんどいといわれるこの演目を 観に来た方に「最後まで勢いが落ちることなく 元気一杯で、面白い舞台だった」 と言っていただけてほっとしています。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

たいへんだーていへんだ~!

例年だと、国立劇場で本舞台のある年ですが、 震災の後、劇場の状況もこれまでと変わって しまったようで、いつもの時期に劇場がとれず お流れ(来年の4月28日)になってしまいました。 となると、今年は達喜会(素踊りの浴衣会)も 本舞台もなにもない年という我ら門弟にとって 初めてのさみしい年になってしまいます。 そこで、急遽、達…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

江戸の風情で花見舟

友人のお誘いで、自宅から近くにある隅田川支流の 横十間川を、江戸の風情を忍ばせる櫓漕ぎ舟でささやかに でもちょっと粋に花見を楽しみました。 舟は、江戸時代に使われていたものと同様の (今ではこの舟を造る船大工さんは、江東区一軒だけとか) 10人程度の小さな船で、この舟の技術伝承を目的に活動している 地元の船頭さんたちが(…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

気持ちよく

またまた忙しさに追われて、何も書きとどめないうちに 2月も終わろうとしています。 ついこの間 本屋で杉浦日向子さんの本を手にして、ページを開いた瞬間 目に飛び込んできた言葉。 「仕事に忙殺される人生ではなく、その日その日を、いかに楽しみ、いかに遊ぶかです。」 「今日出来ることは、明日でもできる。どうせ死ぬまで生きる身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光の道

浴衣会が終わってからの約半年。 仕事の方が余りに忙しく、全くプライベートに関する 時間が取れませんでした。 気がついたら全くブログを更新せずに 今年が終わろうとしています。 書き留めておきたかったことも多々あったのですが・・・・ ほんとに余裕がなかった。 二日ほど前、ようやく仕事も休みに入り、お稽古の方も 今…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏の果て

今住んでいる所に越して来て、2度目の夏。 東京湾の花火大会は、私の部屋から見えることは 昨年気づきましたが、今年はそれが中止だったので、 花火はお預けの夏だと思っていたのですが、 夕飯を食べようとしているときに、 大きな音がして、何やら空が明るくなったようなと 思ってみたら、花火です 隅田川の花…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

無事終了

今回の流派の浴衣・ 帯は、男の踊りなので後見結びに 達喜会 お蔭様で無事終了いたしました。 極暑の中、お出かけ下さった方々 本当にありがとうございました。 会を主催して下さった師匠、 当日舞台を支えて下さった地方さんや後見さん、 お手伝いの方々に心から感謝いたします。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

本番直前

いよいよ14日(日曜)の達喜会(浴衣会)本番が迫ってきました! 踊りのお稽古の方だけでなく、 身に着けるものの準備も整えなくてはいけません。 今回は浴衣会ですので、まず「流派の浴衣」 仕立てたばかの浴衣はシャリシャリとした肌触りでで 何とも気持ちがよいものです。(^―^) そして 衣装を着けお支度をする本舞台にして…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

下浚いを終えて

二枚扇子をちゃんと扱えるようにという 思いが高じすぎて、いつのまにか 二枚扇子を失敗したら、踊りを覚えていないぐらい 恥ずかしいことで、それでは舞台で浦島を踊る資格 はない、お稽古したことが全てが無駄になるのだと 勝手に思い込み、追い込まれていたようです。 二枚扇子の扱いは、やや フィギャースケートの3回転ジャンプにも似て…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

これも準備?

お菓子がどっさり!! 買いだめ? いいえ! これも、明後日の浴衣会の下浚い(リハーサル)に向けての 大切な準備の一つです。(^^) 下浚いは、朝から夜までの長丁場。 楽屋につめている皆さんの お茶菓子です。 (あやさ~ん、買いましたよ~) 下浚いの会場に比較的近いところに住んでる 私とチエさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浦島のお扇子

今お稽古している演目「浦島(旧)」 (これがこの夏の浴衣会の演目になりますが) 両手にお扇子を持って踊る「二枚扇子」の扱いが あり、ある意味、踊り手泣かせの演目ともいえます。 この演目に決まったとき、お稽古場でこの演目を お稽古した経験のあるN君から 「え~信じられない!あんなものを人様の前でやるなんて。 そんな大それた恐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおなゐの月

大地震(おおなゐ)の細き一片春の月 春の闇深まる街や地震(なゐ)の後 地震のことを心に刻み込みたいと句に残しました。 1句目の句 あの大地震の日、学校に生徒と共に泊り込むことになった夜。 グラウンドの端にある倉庫に非常用品を取りに出て行ったときに 3月とは思えない程の寒く凍てつく夜空に、氷のかけらのように薄い三日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大地震によせて

まず今回の地震の被災地の方々に心よりお見舞い申し上げます。 そして犠牲になった方々に、ご冥福をお祈りします。 地震のあった日、生徒と避難体制に入り、そのまま 学校に泊り込みでしたが、たった一泊だけでも、不安な中、眠れぬ夜を過ごした 疲労感は大きかったことを思うと、 現在も避難生活を強いられている方々の困難さは想像を超えます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弥生さんから浦島へ

東京にしてはめずらしく、終日(ひねもす)雪降る日となりました。 立春を過ぎた春の雪。別名、名残雪、忘れ雪とも。 昔の日本人は、季節に応じて、美しくも優しい銘々をしたものです。 祭日で、しかも雪。部屋で「お籠もり」を決め込み、 おかげで、久しぶりに休息日となり、ブログの更新をすることが できます。(^^) 前回のブログで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more