あと195日!

画像

ここ数ヶ月、歌舞伎座にご無沙汰していたら、
こんなカウントダウンの電光掲示板が入り口に。
しかも、その掲示板の前で、
「北海道からきたんですよ」「私は新潟から」
などと言う会話をしながら、写真を撮っている地方からこられた方々も。
こうした光景を目前に、
「エー、この歌舞伎座で見られるのもそんなにわずかになったのか」
となんだか急にあわてて、私も、思わず携帯でパシャリ。

ん?でも落ち着いて考えると195日て、
半年はあるってことじゃない。
全く松竹も人が悪い(^^;)

それにしても、やはり、半年後にこの歌舞伎座の建物が銀座から消えることを
思うと・・・寂しい。

きわめて私の独断的な意見であるけれど、
ヨーロッパの由緒あるパリのオペラ座や、
ビエナ(ウイーン)のオペラハウスのような
風格や威厳というのに対抗できる劇場は、日本では
国立劇場(建物の風格だけでなく、周りに何にもなく、
隣にあるのは裁判所なんていう
あの永田町のさみしいところにポツンと劇場があるという
立地条件からしてよくない)でなく、
この銀座のど真ん中にある歌舞伎座だと
思っているので、それが、なくなるというのは大変残念だ。
新しい歌舞伎座は、今のような建物でなくなるということだから・・・・

それに、私にとって海外に住んでいた後帰国して、
「あー、日本に帰ってきたなーよかったな」と
実感できた空間が歌舞伎座だったから。

今更ながらであるけれど、この建物が銀座から消えるというのは、
ほんとに、想像しがたい。

この記事へのコメント

はすみん
2009年10月20日 12:56
たしかに!
あの銀座を少し過ぎて、この建物を初めて見た瞬間に、これぞ日本!って思いました。
外から見てもお芝居小屋ってわかるような建物でやるからこそ歌舞伎の楽しさがあるって思えてました。
建物の前に立つだけでもうきうきするのがお芝居ですよねー♪
最後の4月はぜひ見せてもらいたいと思っています。
yukiemi
2009年10月22日 21:58
はすみんさん
コメントありがとうございます。
今の歌舞伎座がなくなる前に、
はすみんさんが帰国できてよかった。
待ってますよ~!

この記事へのトラックバック