初日

あけましておめでとうございます。
画像

今年は、見ました!初日。
朝、始発の電車に乗り、目指すは、葛西臨海公園。
東京湾から昇る日の出を見られる初日の出スポットの一つ。

新木場から京葉線で一つ目の駅。

すでに、すごい人。
ひたすら海岸めざして行く人の群れ。

空がだんだんとしらんで明るくなっていく中、
ほんとに初日が見えるのか心配になってくるが・・・
待つことおよそ30分。
寒さの厳しいことも、期待と不安で
あまり気にならない。

東の空のほんのり紅く染まったあたりに
にわかに変化が生じ、
海岸に人々のどよめきの声があがった。

日の出の兆しだ。

初日は新しい命が生まれてくるように、
兆しを見せた後ゆっくりゆっくり
その全姿を空に現した。

あちこちから
「オー」
「来た来た!」という
歓声が聞こえてくる。
(普段は日本の年中行事とか全然気にしそうにない
学生や、若者たちが、声を上げて興奮している)

空に姿を現したときの、
太陽の輝きのまぶしいこと。
こんなにも強くかがやいているものだったとは。
神々しさともいうべき姿は、
手を合わせたり、日の出を拝むという
言い方をしたりするのが納得いく。

初晴れの今日は、反対側に富士山も
見える。目の前にたおやかな初日を浴びる
東京湾の海。

初日に、富士山。
いい年になりそうだ。

早起きしてよかった!

それにしても、
初日が現れたときの、人々の興奮。
早朝や、人ごみもものともせず、
ただこの初日を見るためだけに、
あちこちの初日の出スポットには毎年多くの人出。

日本人ほど、初日ということにこだわる民族は、
世界の中でも珍しいのでは
ないかとあらためて思った。

でも、そういうの、ずーっとこれから先も続いてほしいな。

では、今から、帰省のため、空港へ向かいます。

"初日" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント