テーマ:お稽古便り

お兼の下駄?

「お兼が 噂さ~高足駄~♪」 とお兼の唄に出てくる高足駄(2枚下駄の歯の 部分が通常よりやや高くなった雨天用のもの) ではありません。 この暮れに、新調した普通の日和下駄(駒下駄)です。 いよいよ、今日は大晦日。 これも、新年に向けての準備の一つ? (昔の人は、新しい年を迎えるために履物を新調したとか) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もし、監視カメラがあったら・・・・

仕事が、長期の休み(夏休み・冬休み)に入ると 平日しか行けない「あるところ」に、行きます。 それは  国立劇場の視聴覚室と早稲田の演劇博物館。 国立劇場は、過去にこの劇場で上演された踊りや、 歌舞伎等のビデオを個室で視聴できます。(要予約) しかも、30分50円という安さで! 早稲田の演劇博物館は、早稲田大学内に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊達娘恋緋鹿子ー剣の山!ー

見てきました! 「伊達娘恋緋鹿子梯子」通称「八百屋お七」 以前、このブログに書いたように、 「東都八景四季賑」の舞台で 尾上紫さん演じるお七を見て、 お七を踊りたいと心に決め、 師匠の達也先生にも、その話は既にしていましたので、 そのこともあって 先月、お稽古の日に、達也先生から 「文楽のお七、見といた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

プロの着物の扱い

昨日の歌舞伎舞踊「蜘蛛の拍子舞」。 華やかで迫力のある大がかりな歌舞伎舞踊。 そこで見た久々に見た玉三郎さんの踊り、 やはりすごいなと思った。 今更言わずとも、玉三郎さんの踊りが素晴らしい ことなど周知のことだけれど、 ちょっと生意気にいわせていただくと、 彼の踊りは、表現することを追及した人の 「型を極めた人の型破…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東都八景四季賑

 土曜日、東京文化発信プロジェクトの  主催している催しの一環である、  日本舞踊「東都八景四季賑」を  国立劇場で観て来ました。  現在、各流派で活躍されている  舞踊家さんのそろった豪華な舞台で、  江戸の名所と言われる所を  四季折々に合わせて踊り巡りをする  という楽しい趣向でした。      …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

育ての親・実の親

連獅子が舞台の日を迎えるまでの お稽古の裏話?を一つご紹介。 実は、達喜会で連獅子をやるにあたって 私には、二人の親獅子がいたのです。 本番の舞台で一緒に踊ったYさんは、実の父。 そして、振り入れのときからお稽古で数ヶ月の間 お相手をしてくれいていた姉弟子のあやさんは、育ての父です。 二人の父親の愛情に育まれ、仔獅…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

花道は好きだけど

終わってしまった会について、ちょっと書き加えて おこうと思います。 踊りの自分自身のでき不出来はさておき、 今回は、花道が一つの難所ともいうべきものになりました。 私は基本的に花道からの出というのが、 舞台での板付きで始まるより好きです。 舞台での板付きというのは、広い舞台の真ん中に 放り出され(離れていても、舞台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

達喜会終了

本番用の袴装着。 舞台へ出陣?前の楽屋で                            舞台裏の小道具置き場で、                                 出番待ちの手獅子の親子 達喜会、無事終わりました。 足を運んで下さった皆様、本当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花道はつらい!

「仔獅子はね、花道で、座って待っているときが つらいんだよ。」 と師匠のおっしゃったとおりだった。 私が今回の浴衣会で踊る「連獅子」という踊りは、 勇壮かつ厳粛な獅子の舞。 振りも、とにかくダイナミッック。ものすごく、スタミナが必要だ。 その中でも、予想外につらいのが、 「花道で座って待つ」ところ。 これは、親獅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手獅子と??

写真の左は、 連獅子のお稽古用の手獅子です。 右の黒い二つの物体は何でしょう? 一つが500グラム二つで1キロになる、 腕につけて負荷を与えて筋力トレーニングを するやつですが、百円ショップで買ったものです。 そして、これは私がお隣の手獅子と同じ役割で使っていたもの。 つまり、家で連獅子を浚うときに使ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下浚い

舞台前の最初で最後の地方さんといっしょに 合わせる、下浚い=いわゆるリハーサルが終わった。 毎回、下浚いのときには、お稽古通りにいかなかったり、 先生からのお直しが次のお稽古でたくさん待ち構えていたりと、 いろんなことがおきるため、 本番前の難所であり、緊張の高まる日だ。 その中でも、やはり一番気になるのは、 地方…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

達喜会のお知らせ

  師匠である藤間達也先生主催の   「浴衣温習会ー達喜会ー」が   近づいて参りました。   詳細は下記の通りです。   とき:平成21年8月29日(土)            十一時開演   ところ:日本橋劇場        (地下鉄半蔵門線・        水天宮駅下車)   入場料:無料     …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男仕立てに袴

今回の浴衣会で、初めてのことがもう一つ。 それが 男仕立ての浴衣に、袴着用で踊ること! といっても、踊りの世界をご存じない方は ??という感じだと思いますので、ご説明します。  まず、素踊りの会(衣装を着用しないで  普通の着物または浴衣で踊ること)の場合、女性は  着物(女仕立て)、男性が着物(男仕立て)に、 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

断絶親子?!

今回、浴衣会でやる「連獅子」は、私にとって 初めてのことがある。 それは、演目が「組み物」であるということ。 つまり、一人立ちでなく、踊るお相手がいるとうこと。 今回の場合、私が、仔獅子なので、お相手は親獅子。 組み物には、一人立ちの踊りと違う難しさがある。 それは、「二人が互いを意識して息を合わせて、 踊らなければな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塩の効能??

先日、自分の踊りのビデオを見て、 傷口に塩をぬったように、「しみて、痛い!」ということを 書きましたが、 痛い思いをし、一番できてないところの動きを そこだけでも少しは、直せるよう、 「目指せ漬物石!」を呪文のように心で唱え、 (昨日の記事をお読みになるとわかります) 自宅で浚い、昨日のお稽古に臨みました。 お稽古が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

傷口に塩!

29日の浴衣会が近づいてきた。 「自分の直りにくい踊りの癖をなおすには、 自分の踊りをビデオでよく観察すること」 という先輩のお弟子さんの助言を、勇気をもって 実行することにした。 つい先日アナザーカンパニーの公演で、 「素踊りはかくあるべき」と思われる素踊りの お手本のような素晴らしい「大原女」を目の前で見て、 私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more