たまゆら草紙

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の近江と京

<<   作成日時 : 2010/03/28 20:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像

私の今回の旅は、まず京都に到着し、           
三条大橋の近くに宿泊することにしていたので、
荷物をそのホテルに預け、身軽になったところで
スタート。
せっかく三条まできたので、
ついでに四条の丸山公園のあたりまで行き、
八坂神社の境内にある、芸能の神様大田社に
舞台が無事に務まりますようとお参り。
八坂神社を抜けて、丸山公園から長楽寺の方向に
向かって眺める景観は、私の大好きなスポットの
一つで、京都に来たということを実感する所で
京都に来たら、必ずここに脚を運びます。
お天気も良く、丸いなだらかな京の山が
出迎えてくれ、その上、桜がもう咲き始めていて、
有名な丸山公園の枝垂れ桜もちらほらと花を
咲かせてくれていました。
今回、京の桜は期待していなかっただけに
すごくラッキーな気分で、まずはよい旅の始まりでした。

画像
画像

画像



この日はその後、
京都から電車ですぐの近江八景の一つ
大津の三井寺にいきました。

「近江のお兼」の唄
♪ふけて〜今ごろ三井寺の〜♪
や「藤娘」の
♪外の女子に神かけて〜
あわず(粟津)と 三井のかねごとも〜♪

の三井寺ですが、


大津絵の故郷だけに町のあちこちに大津絵が!
そして江戸の時代に大人気の絵だった藤娘もあちこちに。
マスコットガールのように看板にも藤娘の絵が…
元々大津絵から始まった藤娘ですから、
大津は藤娘の故郷でもあるようです。
自分の踊った藤娘が、今もこうして大津で大事にされて
語り継がれていることを知って、嬉しくなってきました。^ー^

もちろん名鐘として名高い三井寺の鐘も、打ってきました。


画像
画像
京都に一旦もどり、ライトアップされた古都の夜桜を楽しみました。
夜桜というのは、何か昼間の桜と違う艶な、不思議な美しさがあるとしみじみ感じました。


お目当てのおかねのお墓のある「まきの」は、
明日いきます
同じ近江でも琵琶湖を電車で
ずーっと北上し、京都から一時間以上かかります。







<

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
春の近江と京 たまゆら草紙/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる